富士産業からのお知らせ

ニュース2017年03月09日

全国で社内料理コンクールを開催 受賞作品をレシピ集にまとめました

富士産業では、創立(昭和47年)の翌年より、従業員間で調理技術を競い高め合う社内料理コンクールを毎年実施しております。

第44回料理コンクールのテーマは、

FS食部門(テーマ:健康寿命を延ばすロコモティブシンドローム予防の定食 ※1食分)

治療食部門(テーマ:新型栄養失調の女性の食事 ※1日分:展示は弁当(昼食)のみ)

特別食部門(テーマ:ユニットで実際に提供可能な内容で、高齢者に喜ばれるパーティーオードブル※設定人数5名)

以上の3つが設定され、昨年10月19~25日にわたり、全国28の事業部で地区大会が順次開催されました。平成29年度入社予定の内定者が特別審査員として加わった事業部もあり、1次審査において1票を投じてもらうなど、コンクールに華を添えてもらいました。

1次、2次の厳正な審査を経て、事業部ごとに金、銀、銅、佳作の各賞が決定。さらに金賞に選ばれた全84作品は12月6~12日に開催した全国大会(社内組織10ヵ所のブロックに分かれての審査)ならびに本社役員の審査を受け、本年1月4日、最終結果を集計・発表いたしました。

今回、地区大会の金・銀・銅を含む、3部門233作品は、レシピ集(非売品)としてまとめられ、全国の弊社事業所へ配布、得意先におけるお食事提供の参考事例等、多方面で活用が期待されます。

FS食…富士産業シニア食の略称

 

地区大会の様子

 

ブロック審査は10カ所に分かれて実施いたしました

 

全国大会 FS食 金賞作品

 

全国大会 治療食 金賞作品

 

全国大会 特別食 金賞作品

 

発行されたレシピ集

 

写真を大きく掲載し、わかりやすくまとめています

お知らせ一覧に戻る

採用情報はこちら