沿革

早くから“1県1事業部体制”をめざし、積極的に事業展開してきた富士産業の歩みは、事業部開設の歴史でもあります。創業以来各地で開設を進め、平成24年6月現在、全国で28の事業部を有しております。医療・福祉事業における食事サービスのパイオニアとして、富士産業は今後も一層の飛躍をとげてまいります。

1970年代

昭和47(1972)年 富士産業(株)設立
名古屋給食材料センター開設
昭和48(1973)年 藤田学園保健衛生大学病院受託、病院給食事業に参入
第1回料理コンクール開催
三河事業部開設
昭和49(1974)年 関東事業本部開設
昭和50(1975)年 関東事業本部、筑波学園都市サプライズセンター開設
昭和51(1976)年 病院事業部発足
昭和53(1978)年 栄養衛生課発足(59年に栄養衛生部に昇格)

1980年代

昭和55(1980)年 基準給食100ヶ所達成
関西事業部開設
昭和56(1981)年 病院給食における安全衛生管理の標準化に着手
治療食の標準化に着手
第1回全国栄養衛生連絡会議指針を決める
静岡事業部開設
昭和57(1982)年 治療食検討会スタート
(株)ニッショク設立
昭和58(1983)年 北関東事業部開設
昭和59(1984)年 東関東事業部開設
南関東事業部開設
北陸営業所開設
昭和60(1985)年 九州事業部開設
仙台事業部開設
昭和 61(1986)年 第1回ギネス調理技術コンテスト(現FDCテクニカルコンテスト)開催
中国事業部開設
創立15周年記念事業、社史編纂
昭和 62(1987)年 関西事業本部開設
札幌営業所開設
昭和 63(1988)年 南九州営業所開設
東北事業部開設
平成1(1989)年 首都圏事業部開設

1990年代

平成2(1990)年 北海道事業部開設
平成3(1991)年 第23回日本医学会総会に出展(京都)
第29回日本産業映画・ビデオコンクール奨励賞受賞-毎日新聞社・(社)日本産業映画協会より
創立20周年記念事業、社史編纂
平成5(1993)年 沖縄営業所開設
四国営業所開設
(株)ニッショク、第15回フードケータリングショーに初出展
平成7(1993)年 四国事業部開設
南九州事業部開設
常磐事業部開設
岐阜事業部開設
静岡東事業部開設
静岡西事業部開設
北陸事業部開設
山陰営業所開設
平成8(1996)年 農林水産大臣賞「食品産業優良企業表彰」受賞
創立25周年記念事業、社史編纂
群馬事業部開設
平成9(1997)年 大分事業部開設
秋田営業所開設
平成10(1998)年 首都圏東事業部開設
平成11(1999)年 事業所機能評価委員会発足(本稼働は平成12年4月)
「食事サービス服務心得」(携帯版)、「食事サービス服務心得ガイドブック」発行
在宅配食サービス協議会・研修会受託開催
首都圏西事業部開設
秋田事業部開設

2000年代

平成12(2000)年 臨床栄養研究会発足(国立健康・栄養研究所、MK協会共同研究班)
ISO9001品質マネジメントシステム認証取得プロジェクトチーム発足
山陰事業部開設
東関東事業本部を千葉事業本部に改称
千葉西事業部開設
関西事業部を京都事業本部に改称
山梨営業所開設
長野営業所開設
三重営業所開設
熊本営業所開設
岩手営業所開設
北海道北事業部開設
首都圏西事業部を首都圏事業部に改称・移転
首都圏東事業部を東京東事業部、東京西事業部に改称
神戸事業部開設
長崎事業部開設
宮崎事業部開設
南九州事業部を鹿児島事業部に改称・移転
長野事業部開設
平成13(2001)年 危機管理委員会発足
ISO9001品質マネジメントシステム認証取得
新潟営業所開設
創立30周年記念事業、社史編纂
松山営業所開設
平成14(2002)年 ISO14001環境マネジメントシステム認証取得
平成17(2005)年 富士産業(株)個人情報保護方針制定
移動調理システム・キッチンカー導入
平成18(2006)年 宮崎県高原町にたかはるCK(セントラルキッチン)事業部開設
福島営業所開設
創立35周年記念事業、社史編纂
平成19(2007)年 四国西事業部開設
平成19(2007)年 高松営業所開設
平成19(2007)年 福井営業所開設

2010年代

平成 23(2011)年 創立40周年記念事業、社史編纂
平成 24(2012)年 富山事業部開設
新橋なかむら設立
平成26(2014)年 函館営業所開設
北見営業所開設
平成28(2016)年 創立45周年記念事業、社史編纂
平成29(2017)年 岩手事業部開設

採用情報はこちら